猫への投資!自分の生き方

私のお小遣いの半分以上は、今自宅で飼っている猫へのご飯になっています。

決まったご飯は毎日きちんとあげていて、それは別の財布家計扱いになっているのですが、猫だって贅沢したいときがあると思うのです。人間だって、たまに息抜きをしたり、自分へのご褒美といって何かよいものを食べたりしています。その気持ちは人間だけではなく猫だって持っているのではないか、と私は思うのです。

人間と猫などの家畜を同列で考えてはいけないというのは分かるのですが、私にとって猫は家族であり、家族とは一緒に気持ちよくすごすことができるものなのです。そして家族なのだからストレスなく生きていてほしいですし、多分猫は私より先に死んでしまいます。もしそうなったときに、私は猫におやつをあげなかったことを後悔してしまうでしょう。

おやつをあげ、私達と同等の生活をさせたいのです。普通の人からしたら理解できないのも分かります。ですから、私のお小遣いは猫への投資、猫へのおやつになるのです。

おやつとは言っても体に悪いようなものではありません。マグネシウム値の高いものは与えませんし、健康に気をつけています。
普段あげているご飯よりランクの高いウエットフードなどを上げているのです。

一缶二百円くらいのものでしょうか。人間の食べ物よりもよいものを与えています。
人間は食べたいものを自分で購入し食べることができます。しかし猫はどうもいかないのです。与えられたものだけを食べるのです。ですからたまの贅沢で人間が猫に気を使ってお小遣いで何かを購入し食べさせてあげるのもよいではないでしょうか。と私は考えています。
毎月、自分のお小遣いを手にすると、スーパーの猫餌売り場へいき、どのおやつやご飯を今月はあげようかな、先月はこれをすごく喜んで食べていたな、と思い選ぶのが楽しみなのです。